ガラスの丘

2017年2月16日

長らく傷めている足腰の具合が良くなってきたので、少し動かした方がいいという医師の勧めもあって、リハビリがてら六本木まで行ってきた。
森美術館のミュージアムショップに併設されている A/D ギャラリーで「森山大道展」をやっているので、それを見るためだ。

最近、氏はすっかりデジタルで撮影していると聞く。
氏らしいのは、カメラには一切拘らないところ。
聞けばニコンの安価なコンパクトデジカメを使っているのだそうだ。
写真はカメラじゃ決まらないよ、と今さら誰相手に高説を打つか。
もうそんなことすらどうでも良くなっているので、氏のそういった話は清々しさすら感じるのである。