「nikkor-s auto 35mm f2.8」タグアーカイブ

進路

2017年5月19日

ご存知の方はご存知なのだけど、娘は美術系の大学に通っている。
まぁどこのウチもそうだと思うけど、子どもは「お絵かき」が好きで、娘も御多分に漏れず、その通りだった。
しかしそれがそのまま大学の選択になっていくとは思いもよらなかった、というのは本音である。

まだ最近の話だが ( 本当なら受験を決める時に聞いて然るべきだけど )、娘にどうして美大を目指す気になったかを聞いた。
その返答に少なからず驚いたのである。
きっかけは僕の絵を見たことだと言う。

家に僕の絵なんかあったっけ?と聞くと、僕が高校くらいに描いた絵が押入れに入っていて、それを母が娘に見せたことがあるらしい。
僕は中学まで絵画教室に通っていたので多少腕に覚えはあるけれど、所詮素人の落書きレベルの話だから、その絵に関してもどんな絵だったか全く覚えていない。
ただ母が気に入ったから取っておいた、と言っていたとのこと。
それを見て、何で美大って思ったの?と聞くと、僕が美大に行きたがったことを、その時に母に聞いたのだと言う。

ああ、と苦笑した。

高校の頃、やはり大学を選ぶ際に勉強も十人並み、部活もそれほど … と色々行き詰まっていた感もあって、僕は逃げ道として美大に行きたいと言ったことがあった。
父には逃げ道だというのが丸分かりだったらしく酷く叱られて、まぁ、僕自身もそれほどではなかったことあって諦めたのだけど、母は「父が無理矢理諦めさせた」と言うようなことを娘に言ったのだとか。
まぁ、余計な事を言ったもんである。

それで美大に自分が行こうと?と尋ねると、まぁ、自分が絵を描くのが好きなのが一番だけど、と答えた。

そうでもなきゃ、こっちは申し訳なくってやってられない。
親子でもそうだけど、親の人生と子供の人生は別である。
それについて、ただでさえ色々と影響している以上に、彼女の人生を大きく方向づけてしまう決定に影響を及ぼしたとしたら、これは僕自身責任が取れないという意味で怖い。
その決定に彼女の意思が少なからずあったと言うのなら、まだ救われる気がするのである。

これからどんな道に進んで行くのかわからないが ( 美大なので、多分相当苦労するはず 苦笑 )、あとで恨み言を言われないよう、ただ祈るのみである。

ソール・ライター

2017年6月2日

渋谷に出かけたので、Bunkamura ( って書くのが正しいの? ) のザ・ギャラリーで開催されている「ソール・ライター展」を見てきた。
割と時間に余裕があったので、僕にしてはゆっくりと見ることができた。
いつも烏の行水ならぬ斜め読みの如く相当なスピードで見てくるのが常なので、メガネをかけたり外したりしながら説明文をちゃんと読み、離れたり近づいたりして写真を眺め、楽しく見ることができたのだ。

2017年6月2日

森山大道は街を撮る時に「擦過」と言う言葉をよく使う。
その言葉の語感と言うか印象は、やはりヒリヒリとした刺激的なものだ。
ソール・ライターも街で写真を撮っているが ( 彼はファッションの世界で成功していたが、後年はスナップに徹していた )、そこには刺激的であることよりも、まるで慈しむような視点があり、とりもなおさず、それは彼の為人そのものではないかと思わせる。

2017年6月2日

そんな訳で彼の手法の一つである「覗き込む」構図で。
影響されてみるのは悪くないのだ。

檸檬

2017年5月20日

なぜ、さだまさしの「檸檬」は、この聖橋のあるお茶の水界隈なのだろう。
「檸檬」と聞いて、あの梶井基次郎の「檸檬」を連想する人は少なくないだろう。
身体の弱い、精神の細い青年の心を晴れやかにした、その檸檬爆弾が置かれた丸善は東京ですらない。

2017年5月20日

「あの日湯島聖堂の白い石の階段に腰掛けて」
湯島聖堂は幕府が設置した学問所で昌平坂学問所という。
その後の東京大学や師範学校の礎になったのは言うまでもないが、そのせいか、この辺りにはキャンパスが多く、学生の姿をよく見かける。
この昌平坂学問所では各地から秀才たちが集められ、初期には朱子学が奨励されていた。いわば幕府のお墨付きをもらった学派は対立する者たちを弾圧したとされている。

2017年5月20日

梶井基次郎の描く「檸檬爆弾」は、まさに鬱屈した気持ちを晴らす想像上の術であった。
そうした鬱々とした思いは若さの象徴でもあり、それは昌平坂学問所に通う渡辺崋山や鳥居耀蔵らも抱えていた思いではなかったか。
また弾圧の対象となった者たちも同様であり、そうした思いを抱えつつ聖橋の掛かる前のお茶の水渓谷を見つめた若者たちは、湯島聖堂の石段に腰掛けて檸檬を齧った少女と同様に「捨て去る時にはこうして出来るだけ遠くへ投げ上げるものよ」「消え去る時にはこうして出来るだけ静かに堕ちてゆくものよ」と青春を断念したのではないか。
青春たちの姥捨山今昔である。

バンバンの「いちご白書をもう一度」に「就職が決まって髪を切って来た時に」という歌詞がある。
人生は絶えず取捨選択である。
何かを得れば、何かを失う。
その、謂わば決別の歌が「檸檬」なのではないか。