「nikon d200」タグアーカイブ

進路

2017年5月19日

ご存知の方はご存知なのだけど、娘は美術系の大学に通っている。
まぁどこのウチもそうだと思うけど、子どもは「お絵かき」が好きで、娘も御多分に漏れず、その通りだった。
しかしそれがそのまま大学の選択になっていくとは思いもよらなかった、というのは本音である。

まだ最近の話だが ( 本当なら受験を決める時に聞いて然るべきだけど )、娘にどうして美大を目指す気になったかを聞いた。
その返答に少なからず驚いたのである。
きっかけは僕の絵を見たことだと言う。

家に僕の絵なんかあったっけ?と聞くと、僕が高校くらいに描いた絵が押入れに入っていて、それを母が娘に見せたことがあるらしい。
僕は中学まで絵画教室に通っていたので多少腕に覚えはあるけれど、所詮素人の落書きレベルの話だから、その絵に関してもどんな絵だったか全く覚えていない。
ただ母が気に入ったから取っておいた、と言っていたとのこと。
それを見て、何で美大って思ったの?と聞くと、僕が美大に行きたがったことを、その時に母に聞いたのだと言う。

ああ、と苦笑した。

高校の頃、やはり大学を選ぶ際に勉強も十人並み、部活もそれほど … と色々行き詰まっていた感もあって、僕は逃げ道として美大に行きたいと言ったことがあった。
父には逃げ道だというのが丸分かりだったらしく酷く叱られて、まぁ、僕自身もそれほどではなかったことあって諦めたのだけど、母は「父が無理矢理諦めさせた」と言うようなことを娘に言ったのだとか。
まぁ、余計な事を言ったもんである。

それで美大に自分が行こうと?と尋ねると、まぁ、自分が絵を描くのが好きなのが一番だけど、と答えた。

そうでもなきゃ、こっちは申し訳なくってやってられない。
親子でもそうだけど、親の人生と子供の人生は別である。
それについて、ただでさえ色々と影響している以上に、彼女の人生を大きく方向づけてしまう決定に影響を及ぼしたとしたら、これは僕自身責任が取れないという意味で怖い。
その決定に彼女の意思が少なからずあったと言うのなら、まだ救われる気がするのである。

これからどんな道に進んで行くのかわからないが ( 美大なので、多分相当苦労するはず 苦笑 )、あとで恨み言を言われないよう、ただ祈るのみである。

名古屋

過日

先週末には名古屋へ野暮用で出かけた。
閉めっぱなしなので、湿気ったような匂いがする実家の風通しをして、ガスのメーターに取り付けたガス漏れ検知の機械を取り外しに業者が来るのを待った。
何も手をつけていないので、本当に隣の部屋から父か母が顔を出しそうだった。
母が亡くなって 3 ヶ月、父は一人で、この状態の家で毎日暮らしていたのか、と思うと胸が痛む。
きっと父も、ふっと母が現れそうな気がしていたに違いない。
口には出さなかったか、寂しかったに決まっている。

作業そのものは数分で済んでしまった。
窓を閉めカーテンを閉じ、玄関で靴を履きながら、あの日の事を思い出していた。

名古屋は梅雨の晴れ間で暑く、湿度の高い、いかにも名古屋の夏といった様子だった。
妻は、僕が用事を済ませている間、デパートに出かけていたので迎えに行く。
歩き慣れた道を歩き、走り慣れた道を走り、それでも帰るところは、そこから 4 時間ほども車を運転してたどり着く場所なのだ、と思うと何やら不思議な気持ちがした。

2017年6月3日

先般、友人のテンペラ画という手法による作品展を見てきた。
テンペラ画とは何か、という疑問は甚だ正当なのであるが、説明が面倒くさいのでリンクを貼る。

2017年6月3日

大変に愛らしい絵画であるが、少し角度を変えると大変にシュールである。
僕は全くの門外漢であるので、こういう場合にどう表現していいのか悩むところだが、テンペラ画の特徴である発色の豊かさと題材との接地が波打つような不安を喚起する。

2017年6月3日

技法としては大変手が込んでいるのだけど、それは二元的な話だろう。
絵画である以上は、それとして見て、どう感じたかが重要である。

僕は見ている間、ずっと連想する作家があった。
文章の一節が浮かぶのだけど、どうしても作者の名前が浮かんでこない ( 笑 )
もう末期的だな、と自虐していたのだけど、先ほどその謎は瓦解した。
稲垣足穂であった。

ある夕方 お月様がポケットの中へ自分を入れて歩いていた 坂道で靴のひもがとけた 結ぼうとしてうつむくとポケットからお月様がころがり出て 俄雨に濡れたアスファルトの上を ころころころころ どこまでもころがっていった お月様は追っかけたが お月様は加速度でころんでゆくので お月様とお月様との間隔が次第に遠くなった こうしてお月様はズーと下方の青い靄の中へ自分を見失ってしまった

もちろん補完したが、想起された一節とは、まさに「一千一秒物語」の一節であった。

2017年6月3日

A と V と P の感覚の話は別として、足穂に至る自分のプロセスが何とはなく視点が右往左往する現状を、主体性のなさが嘲笑していることを、改めて認識させるのである。

ソール・ライター

2017年6月2日

渋谷に出かけたので、Bunkamura ( って書くのが正しいの? ) のザ・ギャラリーで開催されている「ソール・ライター展」を見てきた。
割と時間に余裕があったので、僕にしてはゆっくりと見ることができた。
いつも烏の行水ならぬ斜め読みの如く相当なスピードで見てくるのが常なので、メガネをかけたり外したりしながら説明文をちゃんと読み、離れたり近づいたりして写真を眺め、楽しく見ることができたのだ。

2017年6月2日

森山大道は街を撮る時に「擦過」と言う言葉をよく使う。
その言葉の語感と言うか印象は、やはりヒリヒリとした刺激的なものだ。
ソール・ライターも街で写真を撮っているが ( 彼はファッションの世界で成功していたが、後年はスナップに徹していた )、そこには刺激的であることよりも、まるで慈しむような視点があり、とりもなおさず、それは彼の為人そのものではないかと思わせる。

2017年6月2日

そんな訳で彼の手法の一つである「覗き込む」構図で。
影響されてみるのは悪くないのだ。

喫煙をめぐる様々なこと

2017年5月19日

近頃、喫煙に関する話題が喧しい。
飲食店や公共施設での禁煙に関する都の条例案を巡って、分煙と禁煙に分かれて都議会も喧々諤々らしい。
それぞれ言い分はあるのだけど禁煙は世界的な流れなので、やはり禁煙化は免れないんだろうな、とは思っている。

2017年5月19日

今では信じられないが、かつては電車内はおろか、バスや飛行機でもタバコが吸えた。
地下街なんかも平気だったし、大学の構内も平気だった。
社会人になりたての頃は会社のデスクでも吸えたし、路上での喫煙は当たり前だった。
そう言う背景があって、喫煙が当然とされる時代であった。
もちろん、その頃からタバコが苦手な人はいたし、タバコを吸うと肺がんになるぞ、とかスポーツをやるならタバコはダメだとかは言われていた。
まだ「受動喫煙」という言葉は、あったのかもしれないが一般的ではなかったのだ。
今後、そう言った場所での喫煙が可能になるとは思えないし、やはりタバコを吸うと言うのは「昔の話」になりつつあるようだ。

2017年5月19日

僕の世代だと父親が喫煙者だった、と言う方が一般的かもしれない。
僕は父だけではなく祖父も喫煙者だったので、実家の壁などはヤニでひどく汚れていた。
どこに行っても大人の男はタバコを吸っていたし、何せ隣家がタバコ屋で、父の遣いでタバコを買いに行くと、お釣りは小遣いで貰えたりしたのだ。
なので僕自身がタバコを吸うようになるのも自然な流れであったと思う。
大きな声では言えないが、初めてタバコを吸ったのは高校生の頃だった。
あまり美味しいものではないし、どうしてこんなものにお金を出しているのかよくわからなかったが、まァ、悪友どもがみんなして吸うので付き合いで吸っていた。
最初はそんなモンではないだろうか。
その後数十年吸い続けたが、大病をして止めざるを得なくなった。
入院で禁煙したので禁煙は辛いものではなく、またその後も吸いたいと思うことがない。

2017年5月19日

昔はよかったのに今ではダメだ、と言うのが存外ある。
例えば原付のヘルメットも、僕が免許を取った頃には着用義務はなかった。
もっと昔で言えば、今は厳しく規制される覚せい剤も、かつては「ヒロポン」と言う名前で合法的に販売されていたのだ。
もちろん緩和されているものもあるが、どうしても厳しくなったものに目がいく。

タバコもやがて同様に規制の対象となるのだろうか。
CM などは随分前から規制されているし、F1 などのモータースポーツのスポンサーもかつては一番多くの露出であったのに昨今では難しい。
逆説的はあるが、タバコの有害性が認めらて久しいのに、なぜ国は販売を禁止しないのか、と言う疑問にも行き着く。
それを訴えた訴訟もあったようだが、因果関係が認められず、ニコチンの依存性も低い ( !! ) として訴えは棄却されている。
病院で禁煙外来も設けられているのに依存性は低いと言うのは、全く以って不可思議な判決理由であるが、これは大昔の判決ではなく 2003 年の判断なのだ。
喫煙に関する認識は、この十年あまりで大きくシフトしたのだろう。

昭和は遠くなりにけり、である。

昭和 41 年

2017年5月19日

僕は昭和 41 年生まれなので、こうした風景は日常的に見ていた。
家から数分のところに「どんぐり広場」と言う公園があり、そこにはブランコやジャングルジムなどの遊具もあったが、子供達に人気があったのは、こうしたただの土管だったりしたものだ。

2017年5月19日

またこうした焼杉やトタンの壁なんかも普通にあったものだ。
ホーローの看板も懐かしい。水原弘のハイアースや大村崑のオロナミン C なんかはしっかりと記憶している。

前にも書いたことがあるが、僕が物心ついた頃には、戦後わずか二十数年した経過していないにも関わらず、戦争の痕跡はほとんど見当たらなかった。
名古屋城も復元されていたし、僕の実家のあたりは一面焼け野原になったらしいが、満遍なく家が立ち並び商店街は賑わっていた。

仮にそれが昭和 45 年だったとして、今が昭和 45 年だと考えると、戦争が終わったのが平成 5 年である。
平成 5 年といえば、皇太子と雅子さまが結婚された年だ。

2017年5月19日

まァ、一昔前の印象はあるが、それほど大昔でもない。
24 年という月日はそういう月日だ。
生まれた赤ん坊が、すでに社会人になっている。

しかし写真で見る限りの話だが、あれほど灰燼に帰したといっていい街が、その時間で破壊の痕跡すらも残さずに元通りになっていたのには、改めて驚く。

むかしは良かったなどという積りはない。
実際良い訳がないのだ。
現代の利便性などに頭の天辺まで浸りきった僕らが、過ぎた時間に対して抱くノスタルジーは、結局記憶の浄化でしかないのだ。

ただぼんやりと思うことには、やはりあの頃は楽しかったということ。