デスクからの景色

2017年5月14日

室内のワークスペース ( と書くと何やら大仰だが、要するにパソコンなどを置くスペース ) を窓際に移動したので、ふと目線を上げると、こんな風景が見える。
写真は昨日のものだが、ぼんやりと赤い月が昇り始めていた。
以前住んでいた 9 階とは違って高層階の眺望は望めないし、外を歩く人や走る車の音が結構大きい。

だけど、意外とこの環境が気に入っている。
僕が育った実家は幹線道路の抜け道沿いにあって、昼も夜も車がひっきりなしに走るところだ。さらには商店街の中だったので人通りも多かった。
多分そこに似ているせいだろう。

実家での僕の部屋は西側に窓があったので西日が盛大に当たった。
冬は西風が吹き付けるし夏場は焼けつくように暑かった。
そんな部屋だが、そこにはいい思い出しかない。
もちろん多感な頃を過ごした場所なので、実際には色々あったのだけど、それらは時間の経過が浄化しているのだ。

新しくしたスペースでこれを書いている。
何かが始まるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です