進路

2017年5月19日

ご存知の方はご存知なのだけど、娘は美術系の大学に通っている。
まぁどこのウチもそうだと思うけど、子どもは「お絵かき」が好きで、娘も御多分に漏れず、その通りだった。
しかしそれがそのまま大学の選択になっていくとは思いもよらなかった、というのは本音である。

まだ最近の話だが ( 本当なら受験を決める時に聞いて然るべきだけど )、娘にどうして美大を目指す気になったかを聞いた。
その返答に少なからず驚いたのである。
きっかけは僕の絵を見たことだと言う。

家に僕の絵なんかあったっけ?と聞くと、僕が高校くらいに描いた絵が押入れに入っていて、それを母が娘に見せたことがあるらしい。
僕は中学まで絵画教室に通っていたので多少腕に覚えはあるけれど、所詮素人の落書きレベルの話だから、その絵に関してもどんな絵だったか全く覚えていない。
ただ母が気に入ったから取っておいた、と言っていたとのこと。
それを見て、何で美大って思ったの?と聞くと、僕が美大に行きたがったことを、その時に母に聞いたのだと言う。

ああ、と苦笑した。

高校の頃、やはり大学を選ぶ際に勉強も十人並み、部活もそれほど … と色々行き詰まっていた感もあって、僕は逃げ道として美大に行きたいと言ったことがあった。
父には逃げ道だというのが丸分かりだったらしく酷く叱られて、まぁ、僕自身もそれほどではなかったことあって諦めたのだけど、母は「父が無理矢理諦めさせた」と言うようなことを娘に言ったのだとか。
まぁ、余計な事を言ったもんである。

それで美大に自分が行こうと?と尋ねると、まぁ、自分が絵を描くのが好きなのが一番だけど、と答えた。

そうでもなきゃ、こっちは申し訳なくってやってられない。
親子でもそうだけど、親の人生と子供の人生は別である。
それについて、ただでさえ色々と影響している以上に、彼女の人生を大きく方向づけてしまう決定に影響を及ぼしたとしたら、これは僕自身責任が取れないという意味で怖い。
その決定に彼女の意思が少なからずあったと言うのなら、まだ救われる気がするのである。

これからどんな道に進んで行くのかわからないが ( 美大なので、多分相当苦労するはず 苦笑 )、あとで恨み言を言われないよう、ただ祈るのみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です